嵯峨野観光鉄道株式会社 SAGANO ROMANTIC TRAIN

イベントレポート 05

2016年12月8日木曜日 2016年12月8日木曜日

嵯峨野トロッコ・ストーブ列車
出発式&記念イベント

 ストーブ列車の冬季営業運転を始めて2年目。今年の出発式は快晴に恵まれ、ストーブ列車導入時にお世話になった津軽鉄道から、澤田長二郎社長、館山運輸課長、および津軽半島観光アテンダントの小枝美知子さんをお招きして記念イベントを開催しました。オープニングには嵯峨野観光鉄道のテーマ曲「LINE~京緋(きょうひ)の風」が流れ、このイントロで津軽三味線が奏でられることからも、津軽鉄道との何かしらのご縁を感じとることができました。

※ストーブ列車運転期間:2016年12/8㊍〜12/29㊍〈14㊌・21㊌は運休〉及び、2017年3/1㊌~3月中旬(予定)

斉藤雪乃さんによる司会進行でテープカット

斉藤雪乃さんによる司会進行でテープカット

ストーブ列車出発式
@トロッコ嵯峨駅構内

 9時20分より弊社社長西田の挨拶を皮切りに、津軽鉄道社長の澤田長二郎様、日本民営鉄道協会地方鉄道課長の熱田秀樹様からはなむけの言葉をいただきました。澤田社長は親しみを込めて嵯峨野観光鉄道を「弟分」と、津軽鉄道を「兄貴分」と呼び、「兄弟力を合わせて観光活性化に力を入れていきたい」と両社の友好の絆を高らかにうたいあげました。その後、鉄道アイドル斉藤雪乃さんの「ストーブ列車出発進行!」の掛け声のもと、3者によるテープカットを実施しました。さらにホームでは津軽鉄道とのコラボデザインの記念ヘッドマークをストーブ列車の先頭車両に取り付け、嵯峨野3号(トロッコ嵯峨駅10時07分発)が冬の保津峡の旅路に静かに出発しました。

嵯峨野観光鉄道社長 西田哲郎 挨拶

嵯峨野観光鉄道社長
西田哲郎 挨拶

津軽鉄道社長 澤田長二郎様 御挨拶

津軽鉄道社長
澤田長二郎様 御挨拶

日本民営鉄道協会熱田秀樹様 御挨拶

日本民営鉄道協会
熱田秀樹様 御挨拶

津軽鉄道とのコラボデザインの記念ヘッドマーク

津軽鉄道とのコラボデザインの
記念ヘッドマーク

記念ヘッドマークの取り付け

記念ヘッドマークの取り付け

構内はクリスマスムードいっぱい!

構内はクリスマスムードいっぱい!

記念乗車証配布
@嵯峨野3号/嵯峨野4号車内

 トロッコ嵯峨駅10時7分発の嵯峨野3号、トロッコ亀岡駅10時35分発の嵯峨野4号の一往復に、澤田社長を筆頭に斉藤雪乃さんと小枝美知子さんが乗り込み、お客様に「記念乗車証」をお配りしました。車内にはクリスマスデコレーションも施され、「だるまストーブ」のほっこりとした暖かさと燃える石炭の懐かしい匂いに包まれて、初冬の保津峡渓谷の鉄道の旅情がさらに深まるようでした。

だるまストーブ

だるまストーブ

記念乗車証配布

記念乗車証配布

記念乗車証

記念乗車証

津軽鉄道PRステージ
@19世紀ホール

 11時15分からは19世紀ホールにて、津軽鉄道のPRステージが始まりました。この春開通した北海道新幹線と津軽鉄道を一体的に組み合わせることによって、津軽半島を効率的に巡るルートができました。これによって、だるまストーブの上でスルメやお餅を焼いたりといったお客様への素朴なサービスを提供する津軽鉄道の旅は人気を呼んでいるのです。その話題を地図や写真を交えて小枝さんから津軽弁を巧みに駆使して楽しく紹介していただきました。また、来場されたお客様には津軽のりんごをプレゼント。さらにクイズ大会などお楽しみ盛り沢山のステージでした。

PRステージ/小枝さんの津軽弁にほっこり

ストーブ列車では石炭を
販売中(税込100円)